悔しかったトンジュは、恵まれた人だ。
詩人は地図の外で生まれた。 1917年、まだ大韓独立宣言が鳴るイ·テジョン、大韓の指導外の明洞でユン·ドンジュが生まれた。 明洞は東(東)を照らす(明)という意味で、豆満江(トゥマンガン)を渡り、間島(カンド)にユン·ドンジュ一家が参加して築いた町だ。 明洞学校で神学文を学び、明洞教会で聖書を読んだ。 地図の外で生まれ、地図の外の思想を吸収し、尹東柱は育った。 ​ 当時、大韓の人々の中には誰もいなかった。 国の主権を日本帝国に譲り渡した後、どこでも以前の土地ではなく、故郷にも馴染みがなかった。 故郷でも故郷でも言えなかったし、故郷でも私の名前を呼ぶことができなかったからだ。 日本語が国語で、日本歴史が国史で、日本式名前で創氏改名しなければならない世の中だったので、以前知っていた大韓の地図は土地の形が同じで、事実上日本の地図だった。 ​ 特に、尹東柱が十代だった1930年代は、日本帝国が中国と戦争を起こし、米国に宣戦布告をした厳酷な時代なので、日帝は以前よりも多くの人々を苦しめた。 "苦しかった人イエスキリスト"のように東柱も苦しかった。 ​ つらくて悲しかった。 悲しい自分のために、また、すべての辛く悲しい人々のために、ドンジュはイエス様がされたように福を宣布する。 「悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある私たちが永遠に悲しむでしょう」。悲しみが福なら、永遠に悲しむことこそ至極の福なのか。 ​ 日本帝国が敷いた線路に沿って奪われた農夫たちの汗まみれの米が運ばれていくと、悲しい。 満州を飲み込んで中国本土まで侵略した日本軍隊が殺した人々を일문공 思うと、悲しい。 軍人らの性奴隷になっていた女性の苦痛のせいで、悲しい。 炭鉱に船を寄せて入り、石炭を掘った徴用労働者たちの境遇が、悲しい。 韓国語を使えば、教師に頬を打たなければならなかった幼い生徒たちの教室が、悲しい。 本来の名前を消して、望まない発音で私の名前を書いて呼ばなければならないのは悲しい。 神様の形象として尊厳な私を否定し、皇国臣民になることを毎朝誓うのは、悲しい。 身に染みた母国語が「泉」になっても、韓国語で詩を発表できないのは悲しい。 ​ 東柱は、東柱が生きた時代は悲しかった。 帝国に屈従しないと、悲しかった。 屈従したくないのに仕方なく屈従するなんて、悲しかった。 「東柱の十代は悲しくて、悲しくなければならなかった。 日本帝国が永遠ならば、永遠に悲しむのが福だった。 トンジュは喜んで悲しむことにしたのだ。 悲しいことに、東柱は日本軍に徴兵されないように日本に渡り同志社大学で英文学を学んだ。 学期を終えて夏休みを迎え家に帰る途中、悲しいことに日本特高刑事に逮捕され、朝鮮民族主義学生同盟を結成したという罪で福岡監獄に入れられ、監獄で同州は生体実験の生贄になる。 謎の注射を受けて苦しみ解放された年、1945年2月16日、東柱は死んだ。 大日本帝国治下で永遠に悲しかった東柱は、福のある人だ。 東柱ほど悲しくなければ、地図の中で生きるからだ。 地図の中でただ楽なら、どの帝国に屈したからだろう。 地図の向こうに行くべき土地がある. 故郷がある. 地図の中で悲しくなかったら、また悲しもう。

詩人は地図の外で生まれた。 1917年、まだ大韓独立宣言が鳴るイ·テジョン、大韓の指導外の明洞でユン·ドンジュが生まれた。 明洞は東(東)を照らす(明)という意味で、豆満江(トゥマンガン)を渡り、間島(カンド)にユン·ドンジュ一家が参加して築いた町だ。 明洞学校で神学文を学び、明洞教会で聖書を読んだ。 地図の外で生まれ、地図の外の思想を吸収し、尹東柱は育った。

当時、大韓の人々の中には誰もいなかった。 国の主権を日本帝国に譲り渡した後、どこでも以前の土地ではなく、故郷にも馴染みがなかった。 故郷でも故郷でも言えなかったし、故郷でも私の名前を呼ぶことができなかったからだ。 日本語が国語で、日本歴史が国史で、日本式名前で創氏改名しなければならない世の中だったので、以前知っていた大韓の地図は土地の形が同じで、事実上日本の地図だった。

特に、尹東柱が十代だった1930年代は、日本帝国が中国と戦争を起こし、米国に宣戦布告をした厳酷な時代なので、日帝は以前よりも多くの人々を苦しめた。 "苦しかった人イエスキリスト"のように東柱も苦しかった。

つらくて悲しかった。 悲しい自分のために、また、すべての辛く悲しい人々のために、ドンジュはイエス様がされたように福を宣布する。 「悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある悲しむ者は福がある私たちが永遠に悲しむでしょう」。悲しみが福なら、永遠に悲しむことこそ至極の福なのか。

日本帝国が敷いた線路に沿って奪われた農夫たちの汗まみれの米が運ばれていくと、悲しい。 満州を飲み込んで中国本土まで侵略した日本軍隊が殺した人々を일문공 思うと、悲しい。 軍人らの性奴隷になっていた女性の苦痛のせいで、悲しい。 炭鉱に船を寄せて入り、石炭を掘った徴用労働者たちの境遇が、悲しい。 韓国語を使えば、教師に頬を打たなければならなかった幼い生徒たちの教室が、悲しい。 本来の名前を消して、望まない発音で私の名前を書いて呼ばなければならないのは悲しい。 神様の形象として尊厳な私を否定し、皇国臣民になることを毎朝誓うのは、悲しい。 身に染みた母国語が「泉」になっても、韓国語で詩を発表できないのは悲しい。

東柱は、東柱が生きた時代は悲しかった。 帝国に屈従しないと、悲しかった。 屈従したくないのに仕方なく屈従するなんて、悲しかった。 「東柱の十代は悲しくて、悲しくなければならなかった。 日本帝国が永遠ならば、永遠に悲しむのが福だった。 トンジュは喜んで悲しむことにしたのだ。 悲しいことに、東柱は日本軍に徴兵されないように日本に渡り同志社大学で英文学を学んだ。 学期を終えて夏休みを迎え家に帰る途中、悲しいことに日本特高刑事に逮捕され、朝鮮民族主義学生同盟を結成したという罪で福岡監獄に入れられ、監獄で同州は生体実験の生贄になる。 謎の注射を受けて苦しみ解放された年、1945年2月16日、東柱は死んだ。 大日本帝国治下で永遠に悲しかった東柱は、福のある人だ。

東柱ほど悲しくなければ、地図の中で生きるからだ。 地図の中でただ楽なら、どの帝国に屈したからだろう。 地図の向こうに行くべき土地がある. 故郷がある. 地図の中で悲しくなかったら、また悲しもう。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다